So-net無料ブログ作成
アニメ・漫画 ブログトップ
- | 次の10件

ラブシーンには目撃者がいるベタ展開 [アニメ・漫画]

A mountain hut cannot be built in there destination.

にわか(お面ではなく)昼夜逆転生活をいい加減、脱却しなくてはならない今晩の管理人であります。先日買ったニューサンダルが結構気に入っていて、外出の度に履いています(照)

水曜日、夢小説の師匠と再びお会いいたしまして先日出来なかったお話を主にトークして参りました。今回は私のお話を沢山聞いて頂けて、とても嬉しかったのを覚えております。ちょっと人生相談してしまった感じもなきにしもあらずでしたので、師匠の懐の深さに頭の下がる思いでした。更に今回は初めて師匠と酒(でもカクテル)の席でご一緒させていただきました。そのときのカクテル写真を一緒にUPしておきます。そのときは突発的に飲み屋にいったものですから、次回は料理も普通にとってお酒飲む場を設けられたらいいなと思いました。また折りをみて会ってくださいね、師匠(愛*o'3`o)

それではここからはあと一ヵ月は続ける予定の週一ガラ艦感想をいきます!ネタバレかつ観た人しか分からない怒濤の勢いで携帯ボタンを押していきますので、どうか支離滅裂でも寛大な心でお許しくださいませ。
#21深紅のごとく…
まだまだガラ艦初心者(何故なら視聴は二回目)な私ですが、今回のお話は話の筋的には真面目に展開されている筈なのにもかかわらず、突っ込み所満載過ぎのギャグアニメになっておりました。取り敢えず前回の様な画動かずなんてことは無かったのでホッとしました。
内容は…帝国と手を組むという主人公・疾風のクレオの提案を受け入れた男装麗人ミシェルは、様々な領地の領主の協力を得ようと奔走するも疲れ果ててしまう。その夜、クレオを探して霧深い森に迷い込んだミシェルは崖から落ちそうになるもののクレオに助けられ、近くにあった山小屋にて休むことに。そこでクレオの過去を聞いたり話をすることでお互いにより打ち解け、ミシェルは精神的な疲労や苦悩を解放することができた。
一方帝国側では法王の画策していた企みを見抜いていた皇帝ウ゛ェッティが現場を押さえ、法王を幽閉した。ウ゛ェッティは小姓(実は優秀らしい)に予言(これに従うのがこの世界の常識)に関係することを調べさせる一方で、自分とクレオに埋め込まれたソレイユ(この世界のエネルギー源)が分かたれたものであることを知らされた。…というところです。
やはり今回は何といってもあの場面が一番強烈ではありましたが、話の流れに沿って突っ込みどころを拾っていきたいと思います。
まず始めは帝国にてウ゛ェッティと臣下の会話シーンなのですが、ミシェル達の滞在地・バルドー領を見失い味方が全滅したようだという報告がなされた中で指揮官らしき男が『あんな訳の分からない奴を差し向けるから悪いんだ』と言いました。けれどもそれなら最初から彼のような優れた軍人を差し向けるべきですよね?相手を甘く見てそこそこの部下を派遣しつづけ、挙げ句の果てには優秀な部下はほんの一握りになってしまうというベタな展開以外のなにものでもありません。無敵艦隊を用意するつもりらしいですが、どうせコピペ艦隊(大量生産型の戦士ばかり乗ってる)だと思うので量はともかく質は期待できないでしょう。
続きまして次は場面がミシェル達のいる領主・B.B.の領地・バルドー領に移り、ミシェルが他の領主達に協力を得ようと奔走している合間へ。何人目かの領主を送った後に疲労による苛立ちから怒鳴ってしまったミシェルを見て、領主・B.B.(女性でっす)は頭を冷やしにいく姿を見送りながら『あらあら、ちょっと無理をさせすぎたかしら?』と一言おっしゃいました。わかっているなら、どうか若い真面目なミシェルだからといってあんまりいじめないでっ(笑)まぁ、仕事を減らしてあげる氣は更々ないのでしょうがね。とぐろ巻きファッションは伊達じゃ、ありませんってことかな(笑)
頭を冷やしにミシェルが森へ行くと、見晴らしのいい所でクレオはハーモニカを吹いていましたが、ミシェルが来たのをすぐに察知して招きました。本当の所は気配を読むことに長けているから存在に気付いたのでしょうが、彼はどうみても格好付けないと生きていけない質なようで、ミシェルがなぜ気付いたのかを問えば彼は次のような返事をしました。『気付くさ。風の匂いが変わればな』とね。風の匂いって…あぁ、ミシェルが付けている(と仮定する)香水か体臭を嗅ぎ分けたってこと?貴方の鼻は犬並ですかっ(・_・;)というかミシェル(男装麗人なので実は女性)に働かせて、大の大人であるクレオ、お前は悪いと思ってるらしいが暇そうに手伝いもせずにハーモニカ吹いてんじゃないよ!確かに交渉や話し合いに向いているとは大抵思えませんが、個人的は努力の様を見たかったかなとも思えます。この場面の最後にクレオが胸の痛みに苦しみましたが、ここでウ゛ェッティと同じくクレオの寿命もそう長くはないのではないかと思われました。クレオは心臓にソレイユがありますから。
再び場面は帝国に移り、恐らく悪のボスとなるであろう法王の企みを現行犯でウ゛ェッティ様が押さえます。このときウ゛ェッティの後ろから兵士が足取り軽くスキップもどきをしながら部屋へなだれ込んできて操作員らしき奴らを取り押さえてるんですが、動きもおかしいことこの上ないに加えてどうみても兵士がの兜が鼠の顔のように見えて思わず吹き出しそうになりました。アップは狐にも見える?ユニークな防具デザイナーのいる帝国なんですね(笑)ここで隠蔽工作なのか機械をこっそり操作しようとした奴がざっくり兵士に刺されて血が飛び散りましたが、まずこの血が一個目の深紅のごとくなんでしょう。最後にベタベタ過ぎな恨み言を吐いて地下牢につれていかれちゃった法王は、やっぱりダークサイドのラスボスのようですね。
今回はバルドー領と帝国をいったりきたりする視聴者には優しくない画面構成ですがそんなもんらしいのがガラ艦のようで、また夜のバルドー領に舞台は移ります。疲れ果てたミシェルはウ゛ェッティとの嫌な過去を思い出し、クレオを探しに出掛け森でピンチに陥りヒーローを何度演じりゃ気が済むのか知らないクレオに助けられ山小屋で暖炉に火を灯して落ち着きました。暖炉のあたたかい火が二つ目の深紅のごとくだと、私はそのとき思いましたね。まぁ、この際なんでそんなに都合よく山小屋があるのかは聞いちゃいけないガラ艦ならではのこと、通称(?)ガラ艦クオリティーなんで氣になってもしないとして。あ、もう大分書いた気がしますがまだAパートがおわった所何ですよね。突っ込み所、多過ぎだよぅ(○_○;)
氣を取り直してBパートへ突入していきましょう。まず始めは帝国でウ゛ェッティ様が美人女医に、ウ゛ェッティの瞳にあるソレイユとクレオの心臓にあるソレイユは元来ひとつであって分かたれて二人に組み込まれた可能性が高く、更にソレイユ以外の何かが二人に分かたれているかも知れないと告げられます。ここで予言にあった双頭の鷲が王家を意味すると同時にクレオとウ゛ェッティを指し示していることを決定づけた形となりますね。さて、ここで父である法王を幽閉されたウ゛ェッティの妻(一応)レイチェルがどういうことかと声を荒げて尋ねに現れます。前回いっちゃってたわりには正気に戻っていましたが、宗教とは恐ろしく思想は完全に法王に染め上げられていましたね。父の幽閉は間違いであり父のやったことは人民のためと疑わずウ゛ェッティが美人女医とよく一緒にいるのを嫉妬して愛人かと問い詰めるレイチェルですが、ウ゛ェッティに彼女の愛は届く訳もなく(あくまでも今はね)彼に平手打ちをされてしまいます。ウ゛ェッティは完全にレイチェルなどアウト・オブ・眼中ですから当然といえばそれまでなのですが、暗い愛憎の念がイカドレスのレイチェルの瞳に表れて見えたのは私だけでしょうか?来週のサブタイトルが修羅のごとくが故に、レイチェルが修羅のごとく錯乱してしまわないとよいのですが(;´Д`)
場面はまたまた変わりまして山小屋に戻ってきます。あーやっとこの場面に辿り着いたぞと思いきや、そういえばまだクレオの回想シーンが山小屋で展開されるのを忘れてました。子供の頃、喧嘩に勝つには一番強い奴を倒せばいいとか、剣術も喧嘩も相手の先の先を読まなければ勝てないなど素晴らしい教えを与えて育ててくれたエッカルドさんから教わった、というクレオの過去が明らかになるわけですが、喧嘩の勝ち方も非常に間抜けでいい話の筈がやっぱりギャグで壊しちゃう所がある意味ガラ艦って感じでもありますね。そしてついに…あの問題の注目シーンに突入いたします。始めはええ話なんですよね。嫌な過去とかはでかい夢をもつことで忘れられるから、嫌な過去とかはでかくなれるチャンスだとか言ってミシェルを励ましてくれるクレオだとか、一人で抱え込むな、俺がうけとめてやるとか頼もしいことを言ってくれちゃうクレオがいるわけですからね。で、この素敵な台詞にミシェルは乙女心を射ぬかれる訳で…畜生、罪な男・クレオめ!その後はミシェルがクレオに『今だけは女だと思ってくれ』と頼み、そのままスピード展開で深夜内容に移行していきました。具体的に描写はできませんΣ(*゜□゜)ただしこんなドキドキのラブシーン(あ、言っちゃった)にも水をさすような突っ込みはありましたよ。なぜか二人がいる山小屋にアイメルがやってくるのです!そして前回同様、家政婦は見たの状態に…。ミシェルでさえ危険だった霧のたちこめる森でいかにして山小屋に辿り着けたのかは、なぞ以外のなにものでもないから突っ込まずにはいられないですがね。というかそもそもなぜ『』の台詞からなし崩しにそういうシチュエーションにすぐなるのかがどうしても乙女としては納得いかんのですよ。実は放送前に
ミシェル:(帝国に囚われていた時の話をし、落ち込む)
(しばし沈黙)
クレオ:そんなことか。
ミシェル:そんなこととはなんだ!私は…私は…っ。
クレオ:簡単に解決できるぞ。『黙って俺のものになればいい』
ミシェル:?(意味がわからないといった顔をする)
クレオ:ドレスでも着てな。
ミシェル:!(赤面、のち激昂?)
という予想をたてていたんですがいい具合に裏切られましたね。実際は…
ミシェル:私はおまえに────(←伏せました)資格など無いんだ。私は、私は、ウ゛ェッティに。(ウ゛ェッティとの嫌な過去を思い出す)
クレオ:何も言うな。『黙って俺のものになればいい。』
…って何だよストレートな意味だったのねんというオチでした。そしてここで燃え盛る暖炉の火から画面は真っ白になって薔薇の花弁が散り、三個目の深紅のごとくがでましたね。この薔薇をなんと解釈するかですけど、あえて書きません(苦笑)
ふーっ(^o^;)これにて今回の感想はおしまいです。あぁ長く書きすぎたっ。残り文字が大分少なくなってる(・_・;)来週はついに剣を交える事になるクレオとウ゛ェッティですが、手を取り合う展開になるのか否か、非常に楽しみでなりませんね。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

幾つ薔薇の花びらを千切ったの? ! [アニメ・漫画]

Fleet of rose...

その日の内に日記が書けるか、ハラハラしながら切羽詰まっている今まさにそんな状態の管理人であります。計画性という言葉とおおよそ掛け離れた生活を送っているような…。

先日、私の夢小説の師匠とお会いしてきました。そこであるアニメの話を聞いてとても面白そうだったので(色んな意味でね)、残り数話なのにもかかわらず観てみることにしちゃいました(*´∀`pq)テレ朝系で深夜放送されている『ガラスの艦隊』、略して『ガラ艦』です!面白みのない端的な粗筋説明をすると、
王家が倒れた混乱の後、神聖帝国が築かれるものの世界は更に混迷を極めた。人民の解放を掲げて立ちあがるものたちと帝国が争う中、様々な人達の思いが交錯し世界は新たな問題に直面していくのだった。
ってな感じのお話です。いやぁ、面白みを重視した説明をするには三時間以上かかるんでしませんが、とにかくベタベタな展開が多い作品なんです。ハリウッドなダイブシーンとかね(笑)詳細を知りたい方はぜひ公式サイト、もしくはギャグアニメのごとくという解説サイト様へどうぞ〜♪

よし!ではここからはネタバレ満載(?)の感想をいきます!
#20瓦解のごとく…
実はこの回から私は見始めたので、正直あれ?と思いました。物凄く普通というか、シリアスな展開だったんです。まぁ、終盤にきてまでちんたらやってられないということかもしれません。
内容は…今まさに主人公達のいる宇宙が無くなってしまうかもしれないという危機が迫っているが自分達人民解放軍とバルドー領の力だけではこの危機は乗り越えられない。だから帝国と手を組もうと提案する主人公に対し、人民解放軍率いる男装麗人ミシェルは反発する。しかし時は彼らを待ってはくれず、あっという間に帝国側の者によりミシェルとバルドー領の女領主が拉致された。この時、ミシェルは帝国側の者から帝国も人民解放軍もより住みやすい世界を作りたいという同じ願いをもって戦っているのだと聞かされる。そして女性二人のピンチに主人公率いるガラスの艦隊がつっこんできて、無事休出。自分の領地が攻撃を受けて女領主が戦いに参加することを決めてくれた一方、現実的に帝国と手を組んで宇宙滅亡阻止をしようと決意するミシェルなのであった。…というところです。
いくら真面目に話をすすめたように見えても、まだまだ突っ込みどころはたくさん残っていましたね。まずはじめにハンググライダーみたいなもので帝国側の潜入部隊がバルドー領にやってくるのですが、なぜ警報等に引っ掛からないのかが不思議でした。後々主人公・クレオが吐き捨てていましたが、警備がなっちゃいませんでしたね……って早よう気付け、皆の衆!この後自室に戻ったミシェルの目の前に、女物のドレスがありました。報われなくとも一度はこれを着てクレオと過ごさせてあげたいですね。そしてすっとばして誘拐された後。その他大勢が死にすぎな中、取り乱しもせず『これは相当腕のたつものの仕業ですね』的な台詞を言ってのけちゃったメイドにびっくり。あんたの職業、なんですか?一方誘拐された二人は、帝国側の作戦は二人の殺害なのにもかかわらず、話し込まれて殺されないでいました。呑気だなぁと思っていたら、とんとん拍子に主人公にざくっとやられちゃいましたよ、責任者がね。要は帝国側の者達は作品の中でミシェルに帝国と宇宙壊滅阻止に関して手
を組んでもいいかなと思わせる、ただそれだけのために用意された奴らだったわけです。んで再びバルコニーでミシェルとクレオは語りだしますが、ここで作画チェーック!ミシェルがしゃべり倒しているにもかかわらず、口が全然動いていませんでした。予算、無いのか?因みにここで格好つけのクレオが『ドレス似合ってる』的な台詞を言ってのけちゃいました。罪作りな…。一方帝国にいる皇帝・ウ゛ェッティはほとんど喋らずに終わり、壊れちゃったとしか考えられない妻レイチェルさんは赤薔薇の花びらを床一面敷き詰まるくらい千切りまくっていました。はっきり言って、恐すぎです。それでも正気に立ち戻り、幸せを掴んでいただきたい一心だったりも、します。
とにかく、来週以降どのように帝国と人民解放軍が手を取り合うのか楽しみであります。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

最近ハマった漫画『シューピアリア』 [アニメ・漫画]

I recommend you this comics .

たまにはこういう紹介みたいな日記もありかなと思う、管理人であります。
というわけで早速。
今回ご紹介するのは、『シューピアリア』という漫画です。
題名読みにくい!私の第一印象はまずコレでした。でも表紙がすんごい綺麗だったので、ついつい買っちゃったというのも事実な訳で…。
内容は、
『魔王(人間を滅ぼさんとする)の少女とお人好し(人とモンスターの共存を望む)勇者のコメディ物語(でもシリアスもありますよ)』(的確に表現できてないかも;)
です。
とにかく表紙だけじゃなく中でも絵の描きこみ具合が半端じゃなく細かい上、美麗です。ちょっと表情に違和感のあるところもありますが、さっぴいても十分お釣りが来る内容だと思います。
管理人的チェックポイントとしては、やっぱり戦闘シーンがある所と、毎回変わる女性人のファッションですねw


シューピアリア 1 (1)シューピアリア 2 (2)

シューピアリア1.2

  • 作者: ichtys
  • 出版社/メーカー: スクウェア・エニックス
  • メディア: コミック




宜しかったら読んでみて下さいませ。


こんなのあったっけ? [アニメ・漫画]

I have found this .

ブログの機能としてAmazonの商品を紹介できちゃう機能があるので、いざ使ってみようと思ったのが発端でした。偶然見つけたんですけど、今この商品が欲しいんですよね~。買うかどうか非常に迷っていたりします。といっても実際に手に入れられるかどうか微妙なところですけど;

PANDORA INHERITANCE―TWIN SIGNAL完結記念公式FANBOOK

PANDORA INHERITANCE―TWIN SIGNAL完結記念公式FANBOOK

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: エニックス
  • 発売日: 2003/03
  • メディア: コミック

まだまだTWINSIGNAL熱は冷めてませんよ~(笑)


- | 次の10件 アニメ・漫画 ブログトップ