So-net無料ブログ作成
検索選択
アニメ・漫画 ブログトップ
前の10件 | -

あるとき、ふと、懐かしさとともに。 [アニメ・漫画]


青春時代を語る上で、外せない作品のひとつ。
スパコミサークルチェックと称してpixivを覗いているとき、別ジャンルメインさんでこの作品の絵を発見したのがきっかけで動画を探してみました。
OP詐称というタグに吹きましたが(笑)確かに間違いではないですね。
皆様にも、これは一生モノという作品はありますか?
nice!(0)  コメント(0) 

グレゴール追悼日記という名の戦ヴァル突発感想日記 [アニメ・漫画]


 
戦場のヴァルキュリア。略して戦ヴァル。
14話が今週末から放送になった訳ですが、色々突っ込みどころがあったので感想でも書こうかなと思ったわけです。
 
まず新OP。
一番上に貼り付けたので見てもらうと分かるのですが、やたらとアリシアがでばった映像になっております。
えーと、主人公はウェルキンだったはずでは??
女の子沢山出てくる→男性支持率上昇→DVDが売れるという戦略なのでしょうか。
とはいえ、緊張感のある戦場のシーンがほとんどを占めており、スタッフの力の入り方が尋常じゃなくて良い感じではあります。
が、しかし。よーく見てください。
アリシアが何か異様なものを手にしているシーンがちらほら。
うっかり、セルベリアも似たようなものを……。
思いっきりネタバレしてますけど、いいんでしょうか。あれがじつはこれだったという事がバレバレでは?
更にラブい映像ははっきりって最後の数秒だけ。恋愛要素過多発現は何処にいったのかしらん。
 
14話は、ファウゼン攻略後編。グレゴール将軍率いる装甲列車エーゼルを破壊して、占領されたファウゼンと重労働を強いられているダルクス人の解放を目的にレジスタンスと第七小隊(と第一小隊)が協力する話。
別名、グレゴール将軍最期の話。
大塚周夫氏の渋すぎるベテランボイスを拝聴出来なくなるのは、とてもさみしいですね。惜しすぎます。
しかも、意外すぎるほどに死に方があっけなさ過ぎて可哀想でした。
この回はある意味上手く行き過ぎていた第七小隊も結果的に痛手を負うことになる回で、次回くらいで一度どん底に落ちたところから這い上がっていく様を描いていくのではないかと思われますね。
nice!(0)  コメント(2) 

第2期決定! [アニメ・漫画]

内部情報流出とか、
新連載スタートとか、
まぁ色々あったから可能性はあるかもしれない。
けれど内容的には『難しい』と考えていました。
が、しかし。
公式HPで大々的に発表されていました。
 
 
 
DARKER THAN BLACK 第2期決定!
 
 
 
正直、驚きました。
登場人物が半数以上死亡した作品の2期があるとは思わなかったもので。
新連載の内容もよく知らないので何とも言えませんが、前作以上の出来が期待できる作品に仕上げてくれると期待して待ちたいと思います。
とりあえずHPに黒と銀がいるので、二人が登場することだけは多分確かなのかなと思われますが果たして……。
公式HP↓
http://www.d-black.net/
nice!(0)  コメント(4) 

コードギアス 反逆のルルーシュ成分分析占い [アニメ・漫画]

Hey is it thought of the result of the analysis?

『コードギアス 反逆のルルーシュ成分分析占い』
コードギアス 反逆のルルーシュのキャラクターであなたの成分を占います。ご自身のお名前を入力して、「診断」ボタンを押すことで結果をご覧いただけます。
http://bluesnap.jp/charaseibun/uranai.php?uranai=codegeass

こんな分析があることを知ったので、早速やってみる事にしました。

結果↓

『東雲まりあ』
東雲まりあの71%は、ヴィレッタで出来ています。
東雲まりあの17%は、ナナリーで出来ています。
東雲まりあの12%は、ニーナで出来ています。

様々な女の子要素が合わさった感じなのかな?

『雨穂靖亜』
雨穂靖亜の42%は、セシルで出来ています。
雨穂靖亜の22%は、藤堂で出来ています。
雨穂靖亜の22%は、C.C.(シーツー)で出来ています。
雨穂靖亜の11%は、リヴァルで出来ています。
雨穂靖亜の2%は、ヴィレッタで出来ています。
雨穂靖亜の1%は、ナナリーで出来ています。

ある意味、強そうです(笑)

『本名』
本名の71%は、セシルで出来ています。
本名の26%は、ロイドで出来ています。
本名の3%は、リヴァルで出来ています。

メカに強いのか?理系はあたってるかな?


nice!(0)  コメント(0) 

和人って鈴健だったのね(☆_☆) [アニメ・漫画]

She is so beautiful!!

妙に懐かしくなって、円盤皇女ワるきゅーレを観ました。
アニメのキャラデザって藤井まきさんなんですよねー。私、藤井さん好きなんですよ。ウ゛ァイスのアニメ雑誌用原画やGIZOKUの漫画にときめいたものです(*´∀`pq)
ワるきゅーレだけに限らないのですが、介錯先生の作品では男性キャラが比較的美形か可愛い子なので好きですね。
ちっちゃいワるきゅーレの望月さんの可愛さは勿論、大きくなったワルキューレの緒方さんの素敵な女性っぷりにはもうメロメロです(*^_^*)そーいえば改めて観て気が付いたんですが、和人って鈴村さんだったんですね!うっかりだぜぃ(笑)
介錯先生や柳沢さん、藤井さんといえば、今は京四郎と永遠の空ですよね。観てますよd(*゜∀゜*)b格好良い男子生徒が沢山いますし(^_-)大人の女性って感じの絶対天使が緒方さんらしいので、スタッフはワルキューレ同様に緒方さんへ落ち着いた女性の演技を求めてるのかなって思いました。男性の演技でも女性の演技でもこんなに魅力的に演じてくださるなんて…素敵すぎます(≧∀≦)
今日のイラストは、ワルキューレです。懐かしいと言いつつ、まだやってるんですよね連載φ(..)


nice!(0)  コメント(0) 

日曜日〜水曜日までのアニメ感想 [アニメ・漫画]

1つについて語るような前回のパターンも嫌いじゃありませんが、今回は広く浅くいきます(σ・∀・)σ

メルヘウ゛ン
先週から主役の声優が代役に代わり驚きましたが、2回目でなれました。ロコとアルウ゛ィスの行く末が気になります。

金色のコルダ
柚木婚約者騒動では、柚木が主人公の名前を呼び捨てにする所がドキドキしました。白も黒もひっくるめて素敵です☆

妖逆門
ロンドンについて。
1.バンダナは何処に?
2.弦が切れたギターで弾けるの?!
3.EDの素敵さは一体何のご褒美!!?CD買い決定(≧∀≦)

D灰
ラビがアレンの顔に落書きし、神田の髪を三つ編みにするのがウケた(笑)神田がイノセンス発動し技を繰り出す時の掛け声がどうにも私の耳に馴染まないのは何故なんでしょうねぇ。

アンジェ
OPが慟哭の雨というテンポが速く強いが明るい感じのしない曲だったので果たして物語の始まりとして相応しいのか否か疑問に思っていたのですが、杞憂に終わるくらい作画がOPに合っていて素晴らしかったです(〜^^)〜♪
レイチェル様がとても気さくな人で好印象。聖獣の宇宙の守護聖は来週より登場で、トップバッターは風の守護聖ユーイみたい。そういえば次元回廊が塞がれてしまったけど、神鳥の宇宙出身の守護聖はどうやって集めるつもりなんだろうか…はてさて(。・・。)

武装練金
女子の水着姿グッジョブだけど季節はずれすぎてた。来週から後半戦に入るみたいで目が離せない?!EDがパピヨン一色で笑えました(笑)

イラストは初挑戦でD灰ラビです(*´∀`pq)


nice!(0)  コメント(2) 

感想。今週のコードギアス。 [アニメ・漫画]

結局地域での放送より早く観てしまい、リアルタイムで観よう(確認しよう)と思いつつ寝過ごしてしまいました(;´Д`)ではでは感想を書きましょうφ(’ー’*)

はじめは学園でのラブコメ展開だったので、今回はこのままいく…かと思いきや、そんな単純な流れじゃ視聴者の心はとらえられないと悟っているらしい。チケット渡して誘うなんて大胆且つ王道!女の子からってのがまた応援したくなっちゃう。更にシャーリーの意図が分からず、ゼロになっている時にまで考えているルルの初々しさ・鈍感さにも笑いが止まらなかったです(笑)
黒の騎士団での会話はやはり行き着くところはゼロの素顔(正体)なんだなって思いました。そりゃ、誰だって気になりますよ。ねぇ?仮面は外しすぎですが、素顔が観られて視聴者的には大満足です(*´∀`pq)
この辺でしたっけ?ニーナについては敢えて語らないでおきましょう。
ルルとC.C.の会話で『お前が必要だ』と言うルル。貴方はいったい幾つフラグを立てるおつもりですか?『約束は守れ』というC.C.の台詞は、はじめシャーリーとの約束は守らなきゃダメという意味かと思いました。でも違う気がしてきて…ううむ。
ナリタ連山での後始末。あれ、非難勧告が出てなかったっけ?
キョウトの重鎮と対面。見事に出し抜きましたね。こういった所(BGMに中川氏の音楽が力強く鳴り響く!)は大好きです。『それが私の運命なら』と答えるルル(ゼロ)の横顔にズキューンとやられたのは言うまでもないですね。
最後に雨のシーン。予定があったとはいえ、遅刻はいけません(笑)まぁ、そんな事はおいておくとして。いくら好きな人とデートの約束を取り付けたていたとしても、肉親を亡くした日に気持ちを切り替えられる程人間冷血にできてないですよね。きっとルルに会いたいという気持ちだけであの公園に辿り着いた。それが精一杯だったこと、よく分かります。そしてここで予期せぬ結果とはいえ、自分の行動の結果で身近な人の肉親を死に至らしめてしまった事をルルは突き付けられました。戦争で戦う若者がよくぶつか問題ですね。分かっているけど……どうするんだい?
ED前のすがり→抱擁→キス?は様々な所で議論されているのをよく見ます。私はどちらかというと、肯定派ですね。求められた所で避けたりしたら、自殺しかねないじゃないですか。ドラマ的にも面白くない!ただツッコミを入れるとするなら、やけに雨の音だけの秒数が長くて心の中でナレーションを入れたくなったという所ですね。『抱き合う二人を、雨の音だけが包んでいた』みたいな?

感想は以上です。気にさせる構成には、毎度驚かせられ感心します。流石マジック研究会出身ですね(笑)


nice!(0)  コメント(0) 

続きを気にさせる巧い切り方故に [アニメ・漫画]

I want to happiness of everybody.

ネット上でも最終回未放映について物凄い論争を繰り広げているガラスの艦隊ですが、一先ず最終回の一話前にあたる23話の感想をぼちぼち書いていきたいと思います。24話(最終回)のブロードバンド配信が検討されているらしいので、それが流される前には感想を書いておかないと…ってね(笑)前回字数が足りなくなるというアクシデントがありましたので、前置きはこれ位にして感想いきます。(実は見直しながら書いてます)

#23血戒のごとく…
クライマックスも間近ということで、前回同様詰め込みに詰め込んだ話となっておりました。
内容は…
互いに死期を悟るクレオとウ゛ェッティだが、両者率いる人民軍と皇帝軍はついに全面的な戦いを開始した。だが膠着状態の中、欲深い法王ゴルナの策略によりウ゛ェッティは幽閉されてしまう。しかし法王の反宗教理念的企みが公となり、娘レイチェルに殺された。ウ゛ェッティは解放されるが…。
…というところです。
気になりますねぇ、続きが!ええ、そりゃもう!…ごほん。気を取り直して、怒濤の流れに食らい付きながら話を辿ってまいりましょう。少しでも読みやすくなるように、改行をなるべくしますね。
物語は、ウ゛ェッティの寝室から始まります。死期が近いからなのか、倒れて二日間眠り続けていたウ゛ェッティは白髪になってしまいました。素敵なあの金髪がもう観られないのは、すこぶる残念です(p_q)白髪に左右色違いの瞳を見ると、アリオス(アンジェリーク)を思い出しますね。女医ミュスカによれば、次の発作がおきれば命の保障は出来ない様です。
深刻な雰囲気の中、花輪を持った妻レイチェルが場の空気に合わない明るいトーンの声と共に寝室へ現れます。ここでレイチェルは
『ラルフ君は自分探しの旅に出ました』
『私達も旅に出ませんか?』
と言いますが、ウ゛ェッティは人民もレイチェルも全て自分の命を繋ぐための道具に過ぎないと切り捨て、何処かへ去っていきます。が、今迄もこれからもいくらウ゛ェッティにひどい言葉を言われ続けても、レイチェルの中にあるウ゛ェッティへの愛は今更変わらないでしょう。彼を正しき道に導かねばと、どんなにいっちゃっていても信仰心がそれを支えてくれそうに思えます。因みにレイチェルの台詞にある『旅』とはラルフの行く末から察するに、『黒十字へ至る事』だと考えられます。
場面が変わり、工場の様な場所へ移ります。どうやらここではクレオのガラスの戦艦を一時的に捕えた時のデータを元に、王家秘伝のガラスを製造しているようです。神聖(新生?)無敵艦隊とはどうやらガラス装甲の艦隊ではないかとここで推測できますが、神聖『無敵』艦隊ってかなり馬鹿っぽいネーミングだとしか思えないのは私だけでしょうか?とにかく全艦隊出撃の命が皇帝から下されましたので、戦いはもうすぐです。
一方クレオやミシェル達人民軍側では、前回負傷したにもかかわらずアイメルはかなり元気になりつつあります。アイメルを心配して付き添うノビィの姿にエールを送りたい私ですが、どうにも発展しないというか地雷ばかり踏んでしまうノビィにため息が出ますね。頑張れっ。
戦いに備えガラスの戦艦クルーが他の面子も交えて準備をしている中、ミシェルの頑張りが実を結び着実に他の領主達を仲間に引き込めている様子がうかがえます。そして作戦会議が始まりました。帝国側に奪われていた領土艦も取り戻すことが出来たものの、まだ戦力は7:3と不利。そこで皇帝軍が大艦隊を率いてやってきました。こちらは不利に変わりはありませんが、隕石を利用して戦えば勝機はあると迎え撃つことをクレオが決めました。風の坊やは、格好いいところを全部もっていきます(笑)
法王ゴルナの聞きたくない(笑)声で、場面は幽閉先の牢屋へ。ラルフをどうにかした疑いなのか、法王と同じ牢にレイチェルも入れられています。ここで法王は自らの真の目的を語り出しました。信仰心の欠けらもなく、ただ世界の支配者になり欲を満たしたいだけの様です。宗教と政治に癒着があるといいことないですね。そんな法王の話を聞きつつも、レイチェルはお花畑にいるような正気とは思えない発言をしたりまともな受け答えをしたりムラがありました。軽い二重人格(演技の可能性もある?)になっているような気がしなくもないですね。政治・権力・殺人といった部分を担当する狂気的な性格と、それの裏返しのような愛らしく女性らしい夢想的な性格が分離して時と場合により出てくるとか?性格の変わりっぷりがここ最近激しすぎるのですが、多重人格説なら少し納得出来そうに思えます。(でも、今さっき思いついたんですけどね〜)
いよいよ出撃間近となり、場面は怪我をおしてまで操縦に向かおうとするアイメルと彼女が好きで心配ゆえに止めようとするノビィのフラグ立ちあり?な所へかわります。独りぼっちでベッドの上で死ぬなんて嫌だというアイメルに、声を荒げてノビィが独りぼっちじゃないよと泣きながら言います。まぁ、彼の思いが成就するかはわかりませんがあたたかい目で見守ってあげたいと思います。
夜、領土内の丘のような場所で、ハイザックとシルアは二人でいよいよ始まる戦いを前に語り合っていました。シルアはここで
『もし生きていられたら、してみたいことが一杯あります。色んな場所を旅して、色んな人と出会って…恋をして、結婚して。(ハイザックの手を握り)…ハイザックさん、これからも私を守ってくださいね?』
と言います。無口なハイザックはどぎまぎしながら慌てつつも了承しようとしますが、こんな台詞を言われたらハイザックじゃなくても男なら即KOですよっ。罪作りなメイドさんです。
一つ場面を飛ばして、自室で酒を飲んでいたら何時の間にか寝ていたクレオの部屋に、ミシェルが現れるシーンへ参りましょう。無造作に床に転がっていた杯や前の作戦会議中に手が震えていたのが、死期近いことの前触れに思えてならないのは皆一緒かと思われます。更に心配するミシェルの言葉を遮った所からもそれがうかがえます。ですがここでクレミシェ派万歳の台詞がきました!
『私はお前が一番大事だ』
言ってもらえたクレオは幸せですね。
『その台詞、胸に刻んでおくぜ』
とまたもや格好つけてくれましたクレオですが、どうも私には胸=ソレイユがゆえに意味深に聞こえてなりません。ミシェルが去る前に何処へもいかないでほしいと言いますが、クレオは風は気紛れだと答えイエスとは言いませんでした。ミシェルは自分も風になると言ってくれましたが、OP前の感じからすると風にはならなかった(なれなかった?)様ですので、益々クレオ死期間近でピンチな死亡フラグが立ちつつあるような不安を覚えます。(でも、去りぎわにミシェルがクレオの手に触れてから行く所はすごくよかった…)
この後、ミシェルと入れ代わりに執事が入ってきていらぬお節介をやいていくところはかなりベタで…ね(笑)
凄い数の味方の前でミシェルは戦いに赴く前の演説をはじめます。大分板に付いてきた感じがありますよね(多分)。なぜか銀河をはさんだ先にいるはずのウ゛ェッティ側にもこの演説は聞こえているようで、どんな拡声器や技術なんだろうと首を傾げてしまいます。まさにガラ艦クオリティー(笑)
そしていよいよ戦いが始まります。が、皇帝率いる神聖無敵艦隊に人民軍側は驚きを隠せません。ガラス装甲の艦隊が現れたのですから。ミシェル同様ウ゛ェッティも何やら舞台俳優のような台詞を言い放ち、薔薇を投げると開戦の火蓋が切って落とされました。ガラスの装甲が効を奏し、はじめは数でも勝る皇帝軍が優位です。
しかし、事態はここで狂います。にわかお面の皇帝護衛兵士があっけなく倒され、法王の息のかかった兵士達がウ゛ェッティの前になだれ込んできました。傍に控えていた女医ミュスカも、兵士の放ったボウガンに射たれ殺されてしまいます。ここで医師として世話になったからか、ウ゛ェッティが亡くなったミュスカの目を閉じてやる行動が一瞬の内にあるのですが、私はこの瞬間、彼の中に優しさや愛といった感情が無いわけではなく何かのきっかけさえあれば彼の性格は変わるんじゃないかと期待を持ちました。とにかく、黒十字に至る気などなく己の理想郷を作りたい法王の策によりウ゛ェッティは牢へ入れられてしまいます。
ガラス装甲は普通の攻撃を受け付けないので押され気味でしたが、ガラスの艦隊(やっと番組タイトルにつながった!)はまだ完全武装ではなく、ガラス装甲ではないところがあるようで、クレオはその隙間を重点的に攻撃するように指示します。これが上手く行き、かつウ゛ェッティ戦線離脱により戦いはほぼ五分五分になったといえるでしょう。あおり返しでぐるぐる艦を回すアイメルや、やたらと細長い大砲を意味不明の掛け声でぶっぱなすハイザックが楽しいですね。ハートブレイカー!あ、そういえばラケットを持つと英語を叫びながら性格が豹変する人がどっかにいたような…。
そして黒十字に至る気など更々無い法王に部下をはじめ信者が反旗を翻し、最後は忍び寄ったフードの女・レイチェルに刺されて法王は殺されてしまうのでした。皮肉にも自分がマグヌス・コルベーユを刺した王家の剣で、娘であるレイチェルに刺し殺される有様。悪い事をするといつかしっぺ返しが自分に返ってくるんです。
自分の父である法王をあっさり殺した後、ウ゛ェッティのいる牢屋へレイチェルは行きます。扉の鍵をあけ王家の剣をウ゛ェッティの前に返すと言い投げ捨てました。まだ法王の血付きですヽ(゜゜Д゜゜;◎)ノ
『さぁ、わたくし達の旅立ちの時です』
と言い、レイチェルは部屋から出ていきます。狂気からウ゛ェッティを刺すつもりは無く、また剣を手放したことから今後レイチェルは人を殺さないと考えられますね。またわたくし達という発言から、ウ゛ェッティも共に行こうと誘っているようにもみえます。更にこの後、放り出された剣をウ゛ェッティが拾いますが、表情がいつもと違う!今までにない、力の抜けた感じは…もしや心境の変化の現れか。最後は牢屋から出て黒いフードを被って人目をはばかるようにこっそり人込みに逆行していたら、信者達に見つかり悪魔呼ばわりされて襲い掛かられ窮地に陥り終わります。迫りくるウ゛ェッティの表情も、今までの悪役っぽい悪さが抜けているように感じたのは…?すべての決着は、最終回に持ち越しです。

結局血戒のごとく…とは血の戒めと考えれば、王家の血筋に縛られたクレオとウ゛ェッティや王を刺した法王が娘に刺されるという輪廻を表しているのではないかと私は思います。

最終回が放送されないことについて。
仕方がないとは頭で理解できていても、残念な気持ちはやはりあります。23話がとても気になる場所で終わっていた為、続きが観たい気持ちに余計にさせられてもいます。以前にも書きましたが、より多くの人が無料で同条件の元に視聴できる機会を与えてくだされば幸いだと願っております。

気になったこと。
9/8のMステで、mihimaru GTがガラスの艦隊OPである『ツヨクツヨク』を歌って下さいました。恐らく9/13発売のアルバムの宣伝も兼ての出演だったと思われますが(しかしトークではアルバムの話は無かった)、どうして歌う楽曲が『ツヨクツヨク』であったのか疑問です。オリコンで見た限りこの曲は19位が最高だった模様。他にもっとヒットした歌がいくつかあるはずなのにおかしいと思いませんか?加えてガラスの艦隊放送終了後のMステとは…もしやお詫び?そんな訳あるまいと思いつつも、疑わずにはいられない今日この頃の管理人でした。

最後は幸せになってもらいたいので、こんな絵を載せます。が、頑張ったσ( ̄- ̄;)


nice!(0)  コメント(0) 

《みちゃったらバトン〜オタク編》  [アニメ・漫画]

《みちゃったらバトン〜オタク編》

ルール:見た人は絶対やること!
スルーはしないでください。答え終わったら最後に一つ追加すること。

◎ キャラもストーリーも知ってる
○ 大体知ってる
△ 聞いたことある
× 全く知らない

■アーシアン ×
■ああっ女神さまっ △
■R.O.D ×
■アイシールド21 ○
■I"s ×
■アウター・ゾーン(THE OUTER ZONE) ×
■あかく咲く声 ×
■赤ずきんチャチャ ○
■悪魔のオロロン ×
■あずみ △
■アトリエシリーズ △
■あひるの空 △
■ARIA ○
■アリスSOS ○
■アリス探偵局 ×
■アルプス伝説 ×
■アンジェリーク ◎
■アンパンマン ◎
■異界繁盛記 ひよこや商店 ○
■行け!稲中卓球部 △
■ICO ×
■苺ましまろ △
■頭文字D △
■いぬかみっ! △
■犬夜叉 ○
■ヴァンデミエールの翼 ×
■ウィッチブレイド(Witchblade) △
■ウインダリア ×
■うたわれるもの △
■宇宙家族カールビンソン ×
■うまんが&ろまんが ×
■うめぼしの謎 ×
■うる星やつら ○
■WOLF'S RAIN ×
■エア・ギア △
■X △
■エルデガイン ×
■ANGELIC LAYER ○
■エンジェルハート(Angel Heart) △
■王ドロボウJING(KING OF BANDIT JING) ◎
■桜蘭高校ホスト部 ◎
■おおきく振りかぶって △
■OVERMANキングゲイナー ×
■OH!MYコンブ ×
■Oh!myダーリン ×
■拝み屋横丁顛末記 ×
■おじゃる丸 ○
■おねがいマイメロディ ○
■帯をギュッとね! △
■カードキャプターさくら ◎
■ガイキング LEGEND OF DAIKU-MARYU ×
■カウボーイビバップ(COWBOY BEBOP) △
■学園アリス ◎
■学園ヘヴン BOY'S LOVE SCRAMBLE! △
■覚悟のススメ ×
■輝夜姫 △
■かしまし 〜ガール・ミーツ・ガール〜 △
■疾風伝説 特攻の拓 ×
■風の谷のナウシカ ○
■風光る ×
■塊魂 ×
■ガチャフォース(GATCHA FORCE) ×
■家庭教師ヒットマンREBORN! △
■彼方から ×
■神風怪盗ジャンヌ ◎
■ガラスの仮面 △
■ガラスの艦隊 ◎
■彼氏彼女の事情 ○
■GUNSLINGER GIRL △
■GANTZ △
■ガンパレード・マーチ 〜新たなる行軍歌〜 △
■寄生獣 ×
■機動警察パトレイバー △
■機動戦艦ナデシコ ○
■機動戦士ガンダム △
■機動戦士ガンダムSEED ◎
■キノの旅 △
■きみはペット ×
■逆転裁判 △
■キャプテン翼 ◎
■ギャラクシーエンジェル △
■ギャラリーフェイク (Gallery Fake) △
■今日からマ王! ◎
■ギルガメッシュ(Gilgamesh) △
■金色のコルダ ◎
■銀魂 ○
■キン肉マン ○
■九龍風水傳 ×
■薬屋探偵妖綺談 ×
■グラビテーション △
■グランディア (GRANDIA) ×
■クレヨンしんちゃん ○
■クロックタワー(CLOCK TOWER) ×
■クロノクルセイド(CHRNO CRUSADE) △
■GetBackers-奪還屋- ◎
■ゲノム ×
■ケロロ軍曹 ○
■幻想水滸伝 △
■こいつら100%伝説 ×
■攻殻機動隊 △
■交響詩篇エウレカセブン △
■皇国の守護者(IMPERIAL GUARDS) ×
■GS美神 極楽大作戦!! ◎
■ここはグリーン・ウッド △
■コゼットの肖像 △
■こちら葛飾区亀有公園前派出所 ○
■こどものおもちゃ ○
■この醜くも美しい世界 △
■彩雲国物語 △
■サイキックフォース △
■最終兵器彼女 △
■最遊記 ◎
■サガシリーズ ×
■ザ・キング・オブ・ファイターズ △
■サクラ大戦 △
■サザエさん ◎
■SAMURAI 7 △
■サムライチャンプルー △
■SAMURAI DEEPER KYO ◎
■サモンナイト △
■さよなら絶望先生 ×
■戯言シリーズ ×
■されど罪人は竜と踊る △
■3.3.7ビョーシ!! ×
■地獄少女 △
■地獄先生ぬ〜べ〜 ◎
■シティーハンター(CITY HUNTER) △
■シムーン △
■シャーマンキング ◎
■SHUFFLE! △
■シャドウハーツ(SHADOW HEARTS) △
■獣王星 △
■十二国記 △
■十兵衛ちゃん △
■シュガシュガルーン △
■少女革命ウテナ(Revolutionary Girl Utena) ◎
■少女チャングムの夢 △
■ジョジョの奇妙な冒険 △
■SILVER DIAMOND ×
■真・三國無双 △
■新世紀エヴァンゲリオン △
■神聖モテモテ王国 ×
■スーパーマリオブラザーズ ○
■スーパーロボット大戦 △
■スクールランブル ○
■スクライド ◎
■涼風 △
■涼宮ハルヒ △
■スターオーシャン ○
■ストリートファイター △
■スパイラル〜推理の絆〜 ◎
■スプリガン △
■住めば都のコスモス荘 ×
■SLAM DUNK △
■スレイヤーズ ◎
■星界の紋章 △
■聖剣伝説 ×
■聖闘士星矢 △ 
■世界でいちばん大嫌い ◎
■絶対服従命令 △
■ゼノサーガシリーズ(Xenosaga) ×
■セラフィックフェザー ×
■戦国BASARA △
■戦国無双 △
■蒼穹のファフナー △
■ZONE-00 ×
■ゾンビ屋れい子 ×
■逮捕しちゃうぞ ○
■多重人格探偵サイコ(MPD PSYCHO) △
■黄昏流星群 ×
■正しい恋愛のススメ ×
■ダブルキャスト ×
■ダブルフェイス ×
■探偵学園Q ○
■耽美夢想マイネリーベ ○
■ちびまる子ちゃん ◎
■ちょびっツ ○
■ついでにとんちんかん ×
■TWIN SIGNAL ◎
■ツバサ-RESERVoir CHRoNiCLE- ○
■っポイ! △
■DEAR BOYS △
■D.Gray-man △
■テイルズシリーズ △
■DEATH NOTE ◎
■鉄コン筋クリート ×
■テニスの王子様 ◎
■デビューマン ×
■デビルサマナーシリーズ ×
■デビルメイクライ(Devil May Cry) ×
■天空のエスカフローネ(The Vision of Escaflowne) △
■天使禁猟区 △
■天使な小生意気 △
■天上天下 △
■天地無用! △
■天牌 ×
■とある魔術の禁書目録 ×
■東京ミュウミュウ △
■どうぶつの森 △
■東方Project ×
■ドカポン・ザ・ワールド ×
■ときめきメモリアル △
■Dr.スランプ ○
■トッキュー!! ×
■.hack △
■トライガン △
■ドラえもん ◎
■ドラゴン騎士団 ○
■ドラゴンクエスト ○
■DRAGON QUEST-ダイの大冒険- △
■DRAGON BALL ○
■トリニティ・ブラッド △
■ドロヘドロ ×
■哭きの竜 ×
■NANA △
■NARUTO -ナルト- ○
■ニニンがシノブ伝 △
■人魚シリーズ ×
■忍たま乱太郎 ◎
■ねがぽじ 〜お兄ちゃんと呼ばないでっ!!〜 ×
■ノエイン もうひとりの君へ △
■ノーマーク爆牌党 ×
■のだめカンタービレ △
■ハーメルンのバイオリン弾き ◎
■はいからさんが通る △
■鋼の錬金術師  ○
■爆走兄弟レッツ&ゴー!! ◎
■BASARA ×
■BUS GAMER ×
■パタリロ! △
■ハチミツとクローバー △
■バテン・カイトス ×
■バトルアスリーテス大運動会 △
■花帰葬 △
■花ざかりの君たちへ ○
■BANANAFISH ×
■花の慶次 ×
■ハヤテのごとく! △
■Paradise Kiss △
■遥かなる時空の中で ◎
■パワーパフガールズ(The Powerpuff Girls) ○
■HUNTER×HUNTER  ○
■Piaキャロットへようこそ!! △
■PEACE MAKER ○
■B.B.Joker ○
■ヒカルの碁  ○
■ひぐらしのなく頃に △
■美少女戦士セーラームーン ◎
■ぴちぴちピッチ △
■ビックリマン △
■BEHIND MASTER ○
■ひまわりっ! △
■ファイアーエムブレム △
■ファイナルファンタジーシリーズ △
■ファイブスター物語(The Five Star Stories) ×
■Fate/stay night △
■福家堂本舗 ×
■ふしぎの海のナディア △
■ふしぎ遊戯 △
■武装錬金 ○
■ふたりはプリキュア △
■新世紀GPXサイバーフォーミュラ △
■ぷよぷよ ○
■BLACK CAT ◎
■ブラック・ジャック ○
■BLACK LAGOON △
■BLOOD+ △
■プラネテス(ΠΛΑΝΗΤΕΣ) ×
■BLAME! ×
■観用少女 ×
■BLEACH  ◎
■プリティフェイス ○
■プリンセス・プリンセス ◎
■BLUE SEED △
■フルーツバスケット ◎
■フロントミッション(Front Mission) ×
■ベルサイユのばら △
■HELLSING ○
■ベルセルク(Berserk) △
■ペルソナシリーズ △
■ホイッスル! ◎
■忘却の旋律 △
■封神演義 ◎
■僕と彼女の×××  △
■北斗の拳 ○
■ぼくの地球を守って(Please Save My Earth) △
■ポケットモンスター ◎
■pop'n music △
■炎の蜃気楼 △
■ボボボーボ・ボーボボ ◎
■ポポロクロイス物語 △
■XXXHOLiC ◎
■PON!とキマイラ ○
■ボンボン坂高校演劇部 ×
■舞-HiME △
■幕張 ×
■MOTHER △
■魔法騎士レイアース ◎
■魔人探偵脳噛ネウロ ○
■魔導物語 △
■魔法陣グルグル ○
■ママレード・ボーイ ○
■マリア様がみてる △
■マリオネット師 ×
■ミラクルガールズ ○ 
■夢幻紳士 ×
■無限の住人 ×
■蟲師 ○
■名探偵コナン ◎
■名探偵ホームズ △
■女神候補生 ○
■女神転生 △
■MAJOR △
■メダロット △
■Memories Offシリーズ ×
■MÄR - Märchen Awakens Romance ◎
■Melty Blood ×
■もっけ ×
■もやしもん ×
■MONSTER △
■八雲立つ △
■闇狩人 ×
■闇金ウシジマくん ×
■闇の末裔 ○
■遊☆戯☆王 ◎
■勇午 ×
■勇者シリーズ ×
■幽☆遊☆白書 ◎
■よつばと! ×
■鎧伝サムライトルーパー △
■RahXephon ×
■ラブやん ×
■LOVELESS ○
■らんま1/2(Ranma1/2) ○
■緑野原学園シリーズ ×
■ルパン三世 ○
■るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚- ◎
■RAVE ○
■レベルE ×
■恋愛カタログ ×
■ローゼンメイデン(Rozen Maiden) ○
■ロックマン ○
■ロミオの青い空 △
■ワイルドアームズ △
■ONE PIECE ○
■ふしぎ星のふたご姫 ◎
■高校デビュー ×
■わがままフェアリーミルモでポン! ○
■あさりちゃん △
■山田太郎ものがたり ×
■美味しんぼ ○
■すすめ!!パイレーツ ×
■ラブ★コン △

では、追加。 ■少年陰陽師 ◎  で…

まだまだ無いアニメや漫画・ゲームがありますね。でもその中でガラスの艦隊やTWIN SIGNALがはいっているのはすごく嬉しかったです。


nice!(0)  コメント(2) 

周回遅れにはなりたくないっ(汗) [アニメ・漫画]

The sword of King homicide was short unexpectedly.

引越ししたばかりの家にお客様がいらした関係もありまして、最近録画したままの番組が山積みになっている今日この頃の管理人であります。『まぁ…いっかぁ』とか思っちゃうと本当に観ずにほっぽっちゃうので、時間を見つけて上手く見ようと思います。気にはなってるんですけどね、ボサノバ君。
代わりに優秀なのはWebラジオで、こちらは完全に毎週聞けております。といっても毎週あるものは少なくて、隔週が上手い具合に重なっていないので丁度いい量だと思ってます。お勧めは…花宵ロマネスクと少年陰陽師のラジオですかね。両方ともパーソナリティの話が面白いので、笑いが足りていない方には断然お勧めです(笑)あと売りは、作品の製作者サイドが結構関わってくれていることですね。原作者様からお便りが届いたり、ゲストで来て美味しい情報を語ってくださったり…。宜しかったら聞いてみてくださいねw

それでは毎週お馴染み、今回はちょっっっと遅かったですが、ここからはガラ艦感想をいかせていただきます!今日は珍しく(?)キーボード打ちで行きますよ? そしてコピペ艦隊をぶち抜くガラスの戦艦のごとく突き抜けてまいります(笑)
#22修羅のごとく…
まだ三回目の視聴ですが、物語はクライマックス間近で回収していない伏線をかき集めようと必死な展開になっていきました。脚本さんが大変忙しく眼が回っていらっしゃるのではなかろうかと思えるぐらいです。確かに大変なんですよね、話を終わらせる方向に持っていくのって。ガラ艦の設定や話の広がり具合は完全に24~26話で収まりきる内容ではありませんしね。代わりといってはなんですが、作画は最終回に向けてだんだん気合も入ってきたのか綺麗になってきたことは喜ばしかったです。
内容は…
瞳の疼きに耐えながら銀河統一は自分なのかクレオなのかと悩むヴェッティの元に、ラルフから予言の謎が分かったとの知らせが入り、ヴェッティは巨大戦艦があるとされるブレスレットに向かった。
一方ヴェッティの行動を知ったクレオ達もブレスレットに向かう。お互いはブレスレット内で合間見えるがそこで見知らぬガラスの戦艦があらわれ、中に入ると占い師(?)ギルティが待ち構えていたかといわんばかりに予言の真の意味を語る。けれども二人は相容れることなく、銀河の危機は刻一刻と迫り来るのであった。
…というところです。
今回は内容もそれ以外もはらはらドキドキさせられっぱなしで、動悸息切れが…まぁそれはさすがにしてませんがとにかく重要なところばかりなのにもめげずにチェックを入れていきながら話を追ってまいりますw
前回は乙女なミシェルが大幅に時間を占めていましたが、やっぱり男装ミシェルがいいなとOPからそう思いました。女になるならいっそドレスで…(爆)
Aパート初めでラルフが予言と同じ文章を見つけたところがありましたが、そんなところはスルーして、場面は夜のヴェッティの寝室に。銀河の覇権がクレオと自分のどちらにあるのか悶々と考えているところに、レイチェルがやってきます。そして前回の最後の雰囲気を製作者側は引っ張りたいのか、あろうことにレイチェルが自分と一つになることで予言が成就されヴェッティが勝者となれると言いつつ服を脱ぎ捨て迫ってきました。…放送OKなの、これ?いくら深夜だからって…ねぇ;羞恥心を持った賢い女性でいて欲しかったです、レイチェル(;_;)ここでレイチェルの言葉に乗せられそうになって更に放送ギリギリの状況になっていき、ついにヴェッティのガチホモはなくなるかと思いきや…めっちゃ一瞬クレオの顔を思い出して我に返ります。『汚れた唇を洗い清めてくる』と酷い言葉を突きつけ、レイチェルを捨て置き部屋を出て行きました。レイチェルを修羅の道に進ませる最後のスイッチかもしれませんね。ここ。狂った宗教色に染まっている女は怖いぞ、ヴェッティ!
洗い清めたヴェッティの所に、予言の謎を解いたとラルフがやってくきます。箱は古代の船、星の子はブレスレットであったそうなので、巨大戦艦はブレスレットという磁気嵐の中にあるらしくそこへ向かうことになるようです。
捨て置かれたレイチェルはもはや狂った嫉妬と執着心と信仰崇拝によって何をするか分からない、危険な心理状態のまま行動を開始します。ヴェッティは誰かに騙されているのだから予言にあった愛の神である自分が彼を正しき道に導くのだと勝手に思い込み、ラルフの部屋に向かいました。そこでラルフにヴェッティに気に入られているという優越感を示された(ような気がした?)レイチェルは、憎らしくも殺意と計略に満ちた顔で、部屋を出て行くラルフを見送ります。そして『やっと分かったわ。誰が、ヴェッティ様を悪しき道に導いたのか』とモノローグが入りました。狂気の行動がいよいよ開始されるという合図以外の何者でもありません。ですがこのモノローグのときのレイチェルは、眉間に皺をよせてラルフの背を睨んでいますが、とても美人さんに描かれていて逆に迫力があっていい感じでした。絵だけを見れば、そこそこ策略家のようにも見えなくないですよ。毎回こんなに美人に描いてもらえていたら良かったのに…。
そしてブレスレットへ行く準備が完了し、出発した船内で事件は起こりました。ヴェッティの船はもう少し丸ければロスユニのケインの船に似てるなってちょこっとおもいました。が、そんなことはどうでもよくて、事件のほうが重要です。着替えを済ませて部屋を出て行こうとしたラルフを、扉の前で待ち構えていた狂気に満ちた女・レイチェルが持っていた王家の剣で刺し殺しました。死者への手向けと言わんばかりに『十字の光に幸あらんことを』とささやきます。そして憎しみのこもりまくった実に醜い顔をしてとどめと剣を更に胸の奥へと貫かせました。血飛沫が飛び、レイチェルにもかかります。とてもとても血飛沫には笑えません。ここは狂った女のすることは怖いんだということを感じさせる場面だと思うので、絶対にシリアスな場面なはずなんですよ。けれども、ここではたと気づきました。刺されて仰向けに倒れるラルフの胸に刺さった剣。よーく見ると、かなり短いんです。この剣は父で幽閉されているはずの法王からもらったもので、この剣で法王は王を刺したといういわくつきの剣ですが、確かにもらったときよりも短く…この世界は伸縮する剣であふれてるんですね、きっと(笑)んでもって邪魔者は骨の髄まで憎いのか、ぽいっとラルフのご遺体を宇宙に投げ捨てました。黒十字に吸い込まれた訳ですから、もう生きては帰ってこないでしょう。作品に必要なくなったらいなくなる。それが運命なのかも知れません。そしてレイチェル=修羅の如くであったことが分かります。
ここでやっと、場面はクレオ達側に移ります。霧の森から出てきたクレオとミシェルにノビィ(ガラスの戦艦の暗号士)が、ヴェッティのお忍びブレスレット行きの知らせを持ってきます。ミシェルは初めこそ乙女っぽかったですが、すぐに男装ミシェルらしくなってお姉さんは万歳ですwもちろん彼らも、ヴェッティと話をつけに向かう気満々です。
今回は多いねと思うヴェッティサイドへすぐ戻っちゃいまして、艦は螺旋に渦巻く磁気嵐のブレスレットに到着します。ブレスレットをみて考えるヴェッティ(恐らく艦の指令を出す椅子に座っているものと思われる)の前に、殺しをしてきたにもかかわらず平然とイカドレスを着たレイチェルが堂々と現れます。ヴェッティの言葉は完全にスルーするところを見る限り、もう自分の信じる道は正しいと疑わないで突っ走るのでしょう。ただラルフがいなくなったので、死ぬまではラルフに取って代わってヴェッティに嫌がられながらもどこまでも付いて出てくるのは確実ですね。ここでヴェッティはラルフが居ない事に気がつきますが、時既に遅しです。
場面はクレオ側へ移り、ガラスの戦艦もブレスレットに向かいます。ここでもクレオのデリカシーのなさは相変わらずで…女の子はもっと大事に扱いなさいって。
数分後とに場面がころころ変わり、もはや時間を使ってられない状況なのが手に取るように分かる中、幽閉されたはずの法王が食事係や子飼いの兵士とコンタクトをとり悪巧みをしています。いい年こいて野望だけは捨てないらしいです。醜いね。
荒れ狂う磁気嵐にヴェッティもクレオも、艦ごと突入します。そして誰よりも早く、クレオはヴェッティの存在に気づきます。もはや野生の勘だけで生きてきたのではないかという域です。そしてお互いの艦が見えると、ヴェッティはやっぱり撃ってきました。血気盛んです。が、そこで新たな艦が割って入ってきます。そこであAパートはおしまいです。ああ、また長くなっちゃった;
Bパートでは、現れたガラスの戦艦がギルティのもので予言の謎を明かしてくれると呼び掛けてきたため、クレオ、ミシェル、ウ゛ェッティ、レイチェルは現れたギルティ艦に集まります。このときの妙に明るいレイチェルのミシェルを呼ぶ声があまりに明るく、場違いすぎてびっくりです。でも合間見えれば剣を抜くのが、クレオとウ゛ェッティのセオリーですからまたしても剣を交じえますが、ギルティ婆さんの待ったがかかります。いてもたってもいられずアイメルが後からギルティ艦へ行こうとした場面をはさんで、ギルティ婆さんの大がかりな演出のもとに謎解きの長い語りが始まります。ここで一気に伏線回収ですね(笑)婆さん曰く、王家に伝わる予言を実現させてこの宇宙を救うために、古より伝えられた『双頭の鷲を作りし箱』(箱がめちゃめちゃテクノロジーの粋っぽい…)によって人の遺伝子を組みなおして最後の王の息子であるクレオとウ゛ェッティの双子を作ったとのこと。ただ、王家が滅んでしまうという予想外の事態の際、死の淵にあった二人にソレイユを二つに裂いてそれぞれに埋め込み、生き長らえさせてなんとか二人を救世主にしたてあげ予言を実現させようとしたようです。ギルティ一族がもつ古代の技術で埋め込んで。…うっわぁ、好き勝手にやってくれちゃってって感じですね。更に話は進み、ばらばらに砕け散ったとされる巨大戦艦を復活させることが出来れば、再び古代のテクノロジーを手に入れられ人類は救われるらしいということに。そこでウ゛ェッティの生き長らえるために古代のテクノロジーは使えない事がわかると、クレオのソレイユを奪って生き長らえようとします。どこまでも熱く短気なウ゛ェッティです。ソレイユがどんなエネルギーの減少を起こすのか分かりませんが、お互いに弱まっていることだけは確かなようですね。二人は運命に翻弄されただけで、ギルティ婆さんが王家が滅びなければ、二人はそのまま救世主になっていたのだからと言うのにウ゛ェッティが激怒。自分の辿ってきた恥辱にまみれた人生はなんだと言う彼に対し、ギルティ婆さんはクレオも一緒だといいます。いやぁ、やっぱりウ゛ェッティの方が可哀想な人生だったんじゃありません?じゃなきゃ、あんな捻くれたガチホモにはなってなかったと思うんですよね。無責任極まりないギルティ婆さんに怒り心頭のウ゛ェッティは、結局ギルティの頭をはね飛ばしてしまいます。まぁ、ロボットだったのはどーでもいいんですが。そして今回も人の話を聞かないウ゛ェッティは崩れゆく艦内でクレオと決着をつけようとします。緊迫した雰囲気を察しもせずに、レイチェルが自分が愛の神だと主張しますが誰も聞いちゃいません。ウ゛ェッティとは対照的に、いつも以上に落ち着きすぎているクレオはウ゛ェッティが救世主になるんなら自分の命をやるとまで言いだします。が、聞く耳をもたないウ゛ェッティは同情されたと逆上して切り掛かります。ここでミシェルがウ゛ェッティを背後から切ろうとするんですが、クレオが二人の間に割って入って剣と鞘で剣を止めます。このシーンはクレオがかなり格好いいんですよね。剣をしまい、『運命に振り回されるのはしまいだ。俺達の未来は俺達の手で切り開く。』とか頼もしいことを言ってくれたり。それにしてもミシェルがかなり卑怯に見えましたが、私的にはウ゛ァージニアがお目見えしたので良しとしちゃいます。そして来ましたよ、修羅のごとくの二個目!一個目はレイチェル殺人犯になる、でしたが、ここではウ゛ェッティが修羅のごとく剣をクレオに向かって突き出すも、駆け付けちゃったアイメルがクレオをかばって刺されました。突き飛ばしても助かった気もしますが、よりドラマチックな展開にするのが物語の基本ですからまぁいいとして。…ここでアイメルが刺されてクレオは驚くわけですが、なぜか物凄く目と口を開いてるんですΣ(・o・;)ホラー漫画の顔みたいになってるんです。作画が駄目なのか、影の指定がまずかったのか…。代わりなのか、次のアイメル真正面アップは大人びた美人顔でした。両者ともこの画面は本当に一瞬なんですが、そんな刹那の間にも笑いを提供してくれるとは流石、ガラスの艦隊です(笑)
そして皆、崩れゆく艦から脱出するも、クレオとウ゛ェッティは相容れることは出来なくて、お互い戦うしかないと思うのでありました。

前回、めっさ時間かかってしまい今回は短く…と思ったんですが、レイチェルの想定外の行動力によってぽしゃりました。レイチェル=修羅は前々から予測していたものの、まさかラルフを刺すとは思っていませんでしたね。仲間内ではレイチェルにどうにか幸せをプレゼントしたかったのですが、殺人者になると物語において死亡を宣告されたようなものでもあるので望み薄になってきてしまい残念です。まだ望みは捨てませんが、偽りが真実になる所を見せていただきたいなと思っています。クレオがミシェルとアイメルのどっちに偏るのかもかなり気にはなってて、ドキドキが止まりません(>ω艸*★)
…って楽しく今週の感想をスキップしながら語ってきましたが、ななな何と!TV放映が明日で終わっちゃうらしいんですよ!!!23話までって;確か全24話放送して、間に入る話がDVDで出るという予定だったはずなのに…。所謂、大人の事情なのでしょうが、最終回が直前で放映しないなんてありえないですよね。つまり我々視聴者には物語を最後まで楽しむ権利を与えてくれないって事ですよ?もしガラスの艦隊2をやる気があるのなら、24話まできっちり放映すべきだと思いますね。ファンが離れていってしまいますもの。どうしてもTV放映が無理ならWebで最終回だけUPするという方法もありますね。私はそれならOKしますけど、見れないのは残念で仕方ありませんね。詳しくはこちらに記載がありましたのでURLを載せておきます。→http://blog.livedoor.jp/garakan_blog/archives/50687643.html
http://www.garakan.com/news.html

今回はガラ艦がもっともっと見たいという気持ちを込めまして、私画ミシェルでございます。装飾品が色々間違ってますが気にしないことにします。因みにこれが初描きです。

追記。
キーボードでパコパコ打ってたら、全角5000文字を超えてしまったようで、もう一つの日記では一部しか掲載できていません。ご了承くださいね。


nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - アニメ・漫画 ブログトップ