So-net無料ブログ作成
検索選択

ゴセイジャー最終回感想 [特撮]

視聴を完全放置していたのですが、映画を観たのをきっかけに一気に最終回まで観ましたので『天装戦隊ゴセイジャー』の感想を総括的な部分も含めて書いていこうと思います。
明日からはいよいよ新番組がスタートしてしまいますので、その前にまとめておきますね。
辛口かもしれませんし、ネタバレ盛り沢山ですのでご注意を。
 
終わりよければすべてよし。
この一言に尽きるかな、と自分では思います。
放送開始直後は『脚本も演技力もズタボロ』で最終回まで辿りつけるのか、大いに心配でした。『戦隊見習い』『護星天使』『複数の敵勢力』などいった設定は新しく面白いものでしたが、生かし切れている様子はあまりなく失望したものです。なにより『仕方ないで済まない不自然な話の展開』を嫌う私からすれば、プロの仕事としてどうかと思うほどでした。第一の敵勢力である『ウォースター』編が終わるまでは、意地で観ていたようなものです。
その後、第二の敵勢力『幽魔獣』編で登場した『ゴセイナイト』(CV:小西克幸)の強くて格好いい姿にフォーリンラブしたことで何とか視聴継続を決定。スーツアクターも声優も演技力は十分過ぎましたし、安心して観ていられたことがなによりも私の望む映像に直結したのでしょう。
ですが私のすぐ飽きる性格が顔を出し、『幽魔獣』編ラストを前に視聴を中断。だって面白くないんだもん。
月日が流れ、12月。その頃ようやく来年(現時点では今年)、前作『侍戦隊シンケンジャー』との合作映画を放映することを思い出し、それを観るのに障害をなくす必要があると考え、一応撮りためていた続きの視聴を再開しました。
『幽魔獣』編があっけなく終わり、『マトリンティス』編開始。宇宙人、幽霊・妖怪ときて今度は機械相手と、もう何でもあり。ここで初めて敵勢力に女幹部が登場するなど変化があり、そろそろ良い感じに盛りあがるのかと思いきや、深く掘り下げることもなく早々に『マトリンティス』編終了。ヒーロー側には変化が多かったので観ていられましたが、この頃からやたらと台詞に説明的な個所が増え始めており、ラストに向けてギアチェンジせざるを得ない状況に追い込まれているのかなと勘ぐる私。『似顔絵』から始まる『ゴセイナイト』と人間の子供『望』との触れ合いは結構好きな場面でした。
最終ボスはこれまで登場と撃破を繰り返してもなお蘇る『ブレドラン』こと、救星主『ブラジラ』。妙に作中で扱いが良かったため、怪しいと思っていたらやっぱり。天装術『カモミラージュ』は重要でしたね。しかし、天使VS堕天使という内輪の戦いって何だかなぁ。
結局敵はすべて撃破し地球も守って護星天使見習いは見習い卒業できてめでたしめでたし。
ラスト6話(『ブラジラ』登場回~最終回まで)はすべてメインライターが脚本を書いていましたが、流石に遊びを多用するところはなく、しっかり最後まで走りきった様子でしたので少しだけ見直したというか本気を見たかもしれないと思いました。もっと早くこの本気を見たかった!しかし、戦隊物というのはプロデューサーとメインライターでストーリーの大筋を作るものだそうですので、誰がどう良くて悪かったのか分からないですね。大人の事情?
とまあ、ぐだぐだ書いてきましたが、最初に言った通り終わりよければすべてよし。
無事ゴールまで辿りついてくれたことを、今はただ嬉しく思います。本当に良かった。一年間お疲れ様です。


そして明日からは、新しい戦隊シリーズ『海賊戦隊ゴーカイジャー』が始まりますね。
戦隊版ディケイド。吉と出るか凶と出るか。
すべてはまず観てみることから始めたいと思います。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

特撮ライダー&戦隊映画感想 [特撮]

東京は珍しく雪が一日中降り続いていますが、皆々様のご自宅近辺ではいかがでしょうか?
防寒は勿論のこと、外出なされる方はくれぐれもお気を付け下さい。
 
≪仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&ダブル feat.スカル MOVIE大戦CORE(コア)≫
仮面ライダー冬映画。公開終了ギリ手前で観て参りました。三部作でしたので、分けて手短に感想を書いてみます。


①「仮面ライダーダブル feat.スカル」
→感動しました。おやっさんがハードボイルド過ぎてたまりません。格好良すぎです。
 そして。亜樹子ーっ、結婚おめでとう!!!!!
 普通に疑問だった『鳴海荘吉(吉川晃司)が仮面ライダースカルになった謎』もあかされて、個人的にはすっきりしました。改めてダブルは良作だったなと思います。
②「仮面ライダーオーズ ノブナガの野望」
→ぶっちゃけ言いますが、オーズ初視聴がまさかの映画です(笑)
 作品の都合上、主人公が無欲なのは仕方ないのですが、無欲すぎるがゆえにこちらに訴えてくる心情があまりなく心を揺さぶられるに至らなかったのが残念でした。でも、変身シーンは思ったほどダサくなかったのでそこは安心できましたね。
③「MOVIE大戦CORE」
→ライダー4人が二手に分かれてめんどくさい敵を倒しますが、CGがとりあえず綺麗だったです。
総括すると、ダブルの出来の良さが目立ってオーズが残念な仕上がりでした。とはいえ、オーズはまだ本編を一度たりとも観ていないのでここで全てを否定するのもおかしいと思うので、実際に本編を観た後で作品としての評価を決定したいと思います。
 

≪天装戦隊ゴセイジャーVSシンケンジャー エピック ON 銀幕≫
新春スーパー戦隊祭。公開翌週にさっさと行って、うっかり2回連続で観てきました。二度あることは…(笑)
では感想を少々。



脚本について。シンケンジャーとゴセイジャーの融合は意外にすんなりといっており、非常に違和感なく話が進んで行きましたので脚本的には問題なかったと思います。カツラとラストのギャグはまぁご愛嬌ってことで。
細かいアイテムや設定の多用は、ファンとしてとても嬉しかったですね。『見た目は豪快だが上手いおにぎり』と『美味しそうで味が普通なお寿司のにぎり』の対比や、『天装術』と『モヂカラ』のコラボレーションは面白いと純粋に思いました。また、封印の文字・先代当主の姫のモヂカラといったシンケンジャーの核となる設定まで盛りこんである所には感動すらしましたね。因みにシンケンレッドは4パターンの変身後が拝めますよww
キャストについて。シンケンジャーメンバーは変わらずにいてくれて正直嬉しかったです。ゴセイジャーメンバーはまあそれなりに。ゴセイナイトが相変わらず格好良すぎて惚れ直したのは言うまでもありませんが(笑)敵はね、もう、うん、ブレドランがスタッフに特別待遇されている事がありありと分かることと、シタリよ永遠にって感じですね。まあブレドランの謎は本編ラスト5話くらいで急に明らかになってましたけど、その話はゴセイジャー最終回感想の所で話そうかなと思います。
EDが前回ほど凝ってないのは残念でしたが、トータルで考えると非常に良い出来でしたので価格も安いことも含めて是非気になった方は劇場でご覧いただくことをお勧めします。
 
なんだか、非常に長くなったので今日はこのあたりで終わりたいと思います。この日記を書き終えるのにまるまる1時間かかりました。うう、肩こってきました。明日は日曜に最終回を迎えたゴセイジャーの感想を書きます。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

仮面ライダーW FOREVER AtoZ 運命のガイアメモリ&天装戦隊ゴセイジャー エピックON THEムービー [特撮]

タイトルの通り、
今夏の特撮映画を3Dで観てきました!
では感想をネタバレありで簡単に書いてみようと思います。
内容を知りたくない人はここでUターンしてください。
それでは、プレイバックスタート!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 
『天装戦隊ゴセイジャー エピックON THEムービー』
内容は…
惑星を滅亡させる笛がかつての敵の仲間(残党?)の手に渡ってしまい、地球存亡の危機に。その時ゴセイジャー達に奇跡が!?彼らは地球を守ることが出来るのか?!
…という感じです。
映画版で3Dなのでそれなりに迫力もありまずまずでしたが、相変わらずツッコミどころ満載なので、それも踏まえての感想を。
・磯山さやか演じるラシル行動力◎で目立ってゴセイジャー女性陣少々見劣り
・アラタはレッドっぽいシーンが多くて良い
・天使なのに、相変わらず情報源はTV・新聞・書籍
・ウォースター帝国の住人はまだきっと残ってそうですよねって感じのご都合設定
・ブレドラン活躍??
・ピンク&イエローの戦いがなりふり構わなすぎて勝ったのに微妙(出来れば華麗に女性らしく…が希望でした)
・ゴセイナイト強くて格好いい。もう彼しか見えな(ry
・ヘッダー>>>………>>>ゴセイジャーなのに、すぐ傷つくドラゴンヘッダー
……やっぱりゴセイナイトの更なる進化をTVの前で期待するしかないなと、改めて実感しました。脚本は大和屋さんだったのでまだよかったのか、も???
 
 
 
『仮面ライダーW FOREVER AtoZ 運命のガイアメモリ』
内容は…
本編44話と45話の間の話。44.5話ですね、多分。
次世代型メモリがA~Zまでの計26個がテロリストにばらまかれたり使用して暴れられたりして街中大騒ぎ。W、アクセルに危機が迫る!果たして街を救えるのか?!切り札を手に戦え!
……もっとシリアスですが、まあこんな感じです。
最初から最後までバトルの嵐で、見ごたえ抜群です。では感想いってみよう。
・大道克己(松岡充)、久々でちょっと老けた?何歳設定なのか非常に気になる!
・マリア・S・クランベリー(杉本彩)、やっぱり足綺麗。そして何歳設定??
・敵の女性ドーパントはセクシー
・TV版のサブ・ゲスト俳優ほぼ総出演
・QはQueenだけど、EはElizabethじゃなかった
・園崎家影薄め。特に冴子姉さんの意味は??布石?
・1スロットのライダーベルト。おやっさーん!
・立木ボイスフィーバー(笑)
・化け物じゃなくて、悪魔と相乗りしてるんだよ
・羽生えた!ドラゴン化とどっちが凄い?
・男女の仲って分からない
・オーズってどうなの?
……Wが後3話しかないというのが悲しい気もするのだけれど、オーズに期待が持てるか非常に微妙だと感じてしまいました。胸の紋章、何かゴセイジャーっぽい感じです。しょぼーん(-_-;)全力でW応援します!今は。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

殿執事 [特撮]

ネーミングセンスに脱帽です(笑)
 
今日のシンケンジャーのタイトルが『殿執事』!
文字通り、殿が執事の真似ごとをしているのですが、偉そうで笑えます(笑)
しばらく流行りの執事ですが、まさか殿さまとくっつけてくるとは思いませんでした。
タイトルだけでつかみOKですよね。

※主人公は当主として育てられたため、従われた経験はあってもつき従った経験はないのです!※
 
折角なので、参考動画をUPしておきますw
 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

炎神戦隊ゴーオンジャー 最終回 [特撮]

次の戦隊シリーズが始まる前に感想を書きたいと思います。もちろんネタばれありです。
 
ガイアーク総裏大臣ヨゴシマクリタインに仲間を消された初期ゴーオンジャーメンバーの三人だったが、息の合った連係プレイで小部屋にヨゴシマクリタインを閉じ込めた隙にエネルギー源であるデウス・ハグル・マギアを破壊した。これにより多数の雑魚キャラ・蛮ドーマ軍の無限生産は不可能となり、仲間を消した技・正義解散も効力の継続が不可能となった。
だが、デウス・ハグル・マギアとともに崩れた敵本拠地・ヘルガイユ宮殿が歯車と一体になりヨゴシマクリタインが現れた。歯車の力を取り込んで、ヒューマンワールドを破壊しすべての世界を支配しようというのだ。東京タワーすら一撃で消滅の危機。
しかしそこへ、消えていた仲間が復活し世界を守るために立ちはだかる。全員が揃ってヨゴシマクリタインに挑むが、必殺・強行採決に一度は返り討ちにされヘルメットが砕かれてしまう。それでも彼らは立ち上がる。心の繋がった仲間がいる限り。
そしてきました、最後の名乗りにして顔出しメットオフバージョン。回し蹴りや回転宙返り(めっちゃ回ってました)まで顔出しでされていて、凄いと思いました。ぜひ観てみてください!↓
 

 
巨大化『第三次産業革命』したヨゴシマクリタインとゴーオンジャーG12が戦い、悪は滅ぼされ正義が勝利。
そして涙のお別れ。次元を維持するために、他の次元にはあまりいてはいけない決まりだそうな。それぞれの未来へ向かって歩き出すのでした。
……で、数ヶ月後。それぞれのその後が描かれる訳ですが、何とそこかしこに敵役三名と初期ゴーオンジャーの相棒炎神三体役の方々が全員顔出し出演されていました。別役で。
 
・害気大臣キタネイダス役CV真殿光昭→警視庁特犯科配属になった軍平の元に立ち寄った先輩刑事・美空警部補
・ゴーオンイエロー・早輝の相棒炎神ベアールV役CV井上美紀→早輝が働くケーキ屋の店員(店長かも?)
・害水大臣ケガレシア役及川奈央→早輝が働くケーキ屋の客・清水奈央
・害地大臣ヨゴシュタイン役CV梁田清之→須塔グループのパーティーに出席していた客・浄土頭取
・ゴーオンブルー・蓮の相棒炎神バスオン役CV江川央生→バスの運転手(蓮にエンジンを直してもらった様子)
・ゴーオンレッド・走輔の相棒炎神スピードル役CV浪川大輔→メカニック(走輔の専属は連だが、その上司メカニックの様子)
(敬称略)

浪川さんで気づいてあわてて巻き戻して見直しました。
ガンバル組・セイクウ組・ボンちゃん役CVさん達は残念ながらいませんでしたが、各炎神CVさんは相棒と絡みのある役で掛け合いがいい雰囲気でした。隣でアフレコなさっていたりしたらもっといいですねw
ではその様子をどうぞご覧下さいませ♪↓
 

 
浄土頭取・大翔『ルネッサ~ンス!』
(ワインで乾杯)
浄土頭取『流石、須塔グループのパーティーは豪華ですな』
大翔『どうぞ、愉しむなりよ(低い声)』
……面白すぎる(笑)笑いをかっさらっていくなんてあなたがた流石です。
 
最後は別次元でガイアークの残党が暴れているらしく、新たな戦いに旅立つ所でENDでした。
 
総評。
可もなく不可もなく~という感じではありましたが、王道ヒーローもので勧善懲悪だったことは逆にいい意味で戦隊ヒーローシリーズとして良かったと思います。きっと大人を楽しませるには、色々考えさせられる深くて暗くて現実的な要素も取り入れなくてはいけないでしょう。でも根底にあるのは子供向けのヒーロー番組であることなのですし、わかりやすく正義VS悪でいいのだと思います。
相棒と仲を深めたり、別の人生を歩んでいた者同士が手を組んだりできるということを教えていましたので、教育的にも良かったかと。
電王から特撮を観るようになった私としては、ゴーオンジャーは声優起用も多く入り込みやすい作品だったといえます。きっとそういう方も多いと思います。
最終回まで観ずに放送が終了してしまう作品が私は結構あるなか、きちんと最後まで観きれたということはそれだけ魅力的だったということかもしれません。
ゴーオンジャー、面白かったです。次回作、侍戦隊シンケンジャーも期待して待ちたいと思います。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

新戦隊シリーズ、2月スタート!~ブルーが相葉弘樹君?!~ [特撮]



番宣を見つけたので、貼ってみました。
……確かに、最後の5人勢ぞろいで、右から二番目は相葉弘樹君ですよね。
侍戦隊シンケンジャーというタイトルには驚きを隠せませんが、彼↑を見ようと思うのでちょっと楽しみです。後は、声優起用があるかないかでハマり度が変わってきますね。



ゴーオンジャーは今月いっぱいなので、しっかり見届けたいと思います。
あーそういえば。
ゴーオンジャーのゴーオンゴールドって、徳山秀典さんなんですよね。
俳優活動には全然詳しくないんですが、聞いたことある名前だなぁと思っていたんですよ。
そうしたらなんとこの方、
幻想魔伝最遊記のOPの歌手だったんです!



どーりで知ってるはずだぁ。
最近だとカブトに出演されたあと、電王の声出演を経てゴーオンゴールドという出演歴のようです。
あにぃ、素敵ですっw
折角なので、新年初回にあった歌を二つ貼ってみます。
面白半分で見てください(笑)





おまけで、新春特撮映画の予告も~♪


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

G3プリンセス~やっぱり可愛い女の子はいいねw~ [特撮]

スーパー戦隊ヒーローシリーズの最新作『炎神戦隊ゴーオンジャー』から、女性三人のアイドルユニット『G3プリンセス』が登場!
本編では雑音で巨大化してしまった怪獣を小さくするために敵味方関係なく女性三人で歌を歌う為に結成。
ピンクのブリブリ衣装と振り付けでの登場に、本編では思わず吹きましたw
でも…可愛いですよね[揺れるハート]
衣装については自分も結構気にしながら見ていましたが、個人的には美羽の衣装が好きです。短いズボンでボーイッシュ、へそ出しでセクシー、上着のフリルでキュートさを出すという、1粒で3度美味しいデザインがイイですね。早輝はいかにも10代の幼さと若さあふれるアイドルの王道って感じ。ケガレシア様は大人の魅力を柔らかいピンクでふわっと包んでいますね。それぞれの色が入った装飾も凝ってるなぁと。ケガレシア様が赤薔薇なんてもう凄く合ってますw
曲はEDのアイドル風アレンジVer.[るんるん]
また本編で登場しないかなぁと思うくらい1回だけじゃもったいないですね。
youtubeに本編での歌うシーンがあったりしますので、是非見てみて損はないと思います。


関連ニュース
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/entertainers/081006/tnr0810061044001-n1.htm
http://dogatch.jp/blog/news/ex/0810062927.html
http://blog.excite.co.jp/exanime/8574890/
http://news.livedoor.com/article/detail/3828224/

炎神戦隊ゴーオンジャー G3プリンセス CD-BOX

炎神戦隊ゴーオンジャー G3プリンセス CD-BOX

  • アーティスト: 楼山早輝(逢沢りな),須塔美羽(杉本有美),ケガレシア(及川奈央),マイクスギヤマ,大石憲一郎(Project.R)
  • 出版社/メーカー: コロムビアミュージックエンタテインメント
  • 発売日: 2008/10/01
  • メディア: CD



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感