So-net無料ブログ作成
検索選択

特撮ライダー&戦隊映画感想 [特撮]

東京は珍しく雪が一日中降り続いていますが、皆々様のご自宅近辺ではいかがでしょうか?
防寒は勿論のこと、外出なされる方はくれぐれもお気を付け下さい。
 
≪仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&ダブル feat.スカル MOVIE大戦CORE(コア)≫
仮面ライダー冬映画。公開終了ギリ手前で観て参りました。三部作でしたので、分けて手短に感想を書いてみます。


①「仮面ライダーダブル feat.スカル」
→感動しました。おやっさんがハードボイルド過ぎてたまりません。格好良すぎです。
 そして。亜樹子ーっ、結婚おめでとう!!!!!
 普通に疑問だった『鳴海荘吉(吉川晃司)が仮面ライダースカルになった謎』もあかされて、個人的にはすっきりしました。改めてダブルは良作だったなと思います。
②「仮面ライダーオーズ ノブナガの野望」
→ぶっちゃけ言いますが、オーズ初視聴がまさかの映画です(笑)
 作品の都合上、主人公が無欲なのは仕方ないのですが、無欲すぎるがゆえにこちらに訴えてくる心情があまりなく心を揺さぶられるに至らなかったのが残念でした。でも、変身シーンは思ったほどダサくなかったのでそこは安心できましたね。
③「MOVIE大戦CORE」
→ライダー4人が二手に分かれてめんどくさい敵を倒しますが、CGがとりあえず綺麗だったです。
総括すると、ダブルの出来の良さが目立ってオーズが残念な仕上がりでした。とはいえ、オーズはまだ本編を一度たりとも観ていないのでここで全てを否定するのもおかしいと思うので、実際に本編を観た後で作品としての評価を決定したいと思います。
 

≪天装戦隊ゴセイジャーVSシンケンジャー エピック ON 銀幕≫
新春スーパー戦隊祭。公開翌週にさっさと行って、うっかり2回連続で観てきました。二度あることは…(笑)
では感想を少々。



脚本について。シンケンジャーとゴセイジャーの融合は意外にすんなりといっており、非常に違和感なく話が進んで行きましたので脚本的には問題なかったと思います。カツラとラストのギャグはまぁご愛嬌ってことで。
細かいアイテムや設定の多用は、ファンとしてとても嬉しかったですね。『見た目は豪快だが上手いおにぎり』と『美味しそうで味が普通なお寿司のにぎり』の対比や、『天装術』と『モヂカラ』のコラボレーションは面白いと純粋に思いました。また、封印の文字・先代当主の姫のモヂカラといったシンケンジャーの核となる設定まで盛りこんである所には感動すらしましたね。因みにシンケンレッドは4パターンの変身後が拝めますよww
キャストについて。シンケンジャーメンバーは変わらずにいてくれて正直嬉しかったです。ゴセイジャーメンバーはまあそれなりに。ゴセイナイトが相変わらず格好良すぎて惚れ直したのは言うまでもありませんが(笑)敵はね、もう、うん、ブレドランがスタッフに特別待遇されている事がありありと分かることと、シタリよ永遠にって感じですね。まあブレドランの謎は本編ラスト5話くらいで急に明らかになってましたけど、その話はゴセイジャー最終回感想の所で話そうかなと思います。
EDが前回ほど凝ってないのは残念でしたが、トータルで考えると非常に良い出来でしたので価格も安いことも含めて是非気になった方は劇場でご覧いただくことをお勧めします。
 
なんだか、非常に長くなったので今日はこのあたりで終わりたいと思います。この日記を書き終えるのにまるまる1時間かかりました。うう、肩こってきました。明日は日曜に最終回を迎えたゴセイジャーの感想を書きます。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。